岩田慶子先生

第6回 こども英語研究大会 講師紹介

岩田慶子先生

◇◇◇
「受験生だからこそ!英語でパフォーマンス!」
◇◇◇
このタイトルで発表いただくのは登壇2回目の岩田慶子先生(神戸市立多聞東中学校)です。

いわゆる『受験英語』をスパルタ式に教え込むのではなく、受験生の今だからこそパフォーマンスを通して英語力を伸ばしていく…。実際にどのように実現されているのか、知りたいですね。

岩田先生のポリシーは…。

======
教科書の本文を、生徒がいかに「自分ごと」としてとらえるかにこだわっています。そのため、本文の音読の仕方を、題材に合わせて変えています。「なりきり型」「1文付け足し型」「部分変化型」「同時通訳方式」など、さまざまな読み方を工夫し、生徒が自己表現しながら音読できるようにしています。
======

また、昨年度の参加者は次のような感想を書いてくださっています。

  • 公立中の英語の授業でこんな活動をされていることに驚きました!
  • 生徒の変容が感じられる内容でした。
  • 子どもたちの目が輝く姿が目に浮かびます。

岩田マジック、ぜひ皆様も体験しに来てください。
================

(投稿担当:松本紀子)