2017

第5回

こども英語教育研究大会

2017年11月25日(土)

関西外語専門学校

大会テーマ 「深い学び」って何だ?

 

香里ヌベール学院 学院長 石川一郎先生をお迎えし、学校における実践例をお話しいただきました。 また広島大学柳瀬陽介先生からは、会の基本理念である「からだ・こころ・あたま」を統合した学びの観点から、深い学びを語っていただきました。

 

全国から13名の先生方をお招きし、実践例をお聞きし楽しいワークショップが繰り広げられました。

 

 

 

恒例の全体会における討論、参加者と講師陣がいっしょになっての意見交換の時間も、他にはない機会としてご好評をいただきました。

 

 

+++ 参加者のアンケートより +++

先生の真勢な取り組み、ご尽力がよく伝わりました。
省エネながらも中身で勝負!見習いたいと思います。

たくさんのゲームを紹介してくださり、そのゲームの意図を考えながら参加させていただきました。とにかく楽しく参加できました。

こどもたちの反応を見て臨機応変に質問を変えたり、リアクションしたりしてくださって、とてもあたたかく優しい安心感のある先生ですね。その裏にはしっかりとした理論をお持ちで、すごいなと思いました。

アメリカとの比較がとっても興味深かったです 。英語の勉強が英語だけでは決してないことを痛感しました。

今の英語教育の問題と将来への改善策について、幅広い知識と経験をもとに講義いただき感動しました。

こころが動く学びこそ、これからの教育‼にとても 納得しました。コミュニケーションの真の意味を教えていただきました。 私はコミュニケーションのための英語を教えているんだと強く感じれました!!

違った側面から英語をとらえることができて、A.I.との違いをよく理解できました。

からだ、こころ、あたま、初めて聞かせて いただきました。(おはずかしいですが)私のこれまで英語の勉強法は 何だったのでしょうか?