front

第7回こども英語教育研究大会

「話す〜やりとり・発表」

2019年 10 月 20 日(日)

神戸学院大学附属中学校・高等学校

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-6-3

 

こども英語教育研究大会

Grand Designベーシック・コンセプト

わくわくの正体

それは、「からだ・こころ・あたま」の統合

実感に基づいたリフレクション

学びの価値を見つけよう

 

 

CONFERENCE 2019 THEME

 

 

 

私たちのミッション

本会の目的は、学校で、民間教育の場で、英語教育に関わる大人たちが協働して深い学びを探求することです。

ともに考え、意見交換する場にいたしましょう。

BASIC CONSEPT

頭の理解だけでなく、
心で感じたことだけを頼りにするのでもなく、
「からだ・こころ・あたま」の統合により、
人はわくわくした学びをえられる。
 
こども英教研では、柳瀬陽介先生のことばに共感し、この理念を大切にしています。

第6回大会のテーマ

単語や表現を覚えたり、文字や読みを理解することは、英語教育にとって大切なことには間違いありません。

けれども「覚える」「慣れる」「理解する」だけでは、こどもたちが英語を「ことば」として主体的に学べているとは言えません。

今大会では、「学びに向かう力」ってなんだろう?そして、それを育むための授業はどんなものだろう?というテーマで全国の学校と民間教育施設の英語教育に関わる方々と協働的に学ぶ場を作りたいと思います。

こども英教研顧問 広島大学 柳瀬陽介先生より

「現場ってすごい!」って思いませんか?だって現場では、次から次に生じる予想を超えた出来事に対して、実践者が限られた時間と資源の中でなんとか対応しているからです。実践者が現場で発揮する知的創造性が、凡庸な学者が書物の上で示す創造性をはるかに超えることは珍しくはありません。この会は、そんな現場の知恵を共有し学び合う場です。立場や権威とは無関係にともに学びを深めましょう!

申し込みする